--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/12/07 (Thu) 復活したコーネリアと消えたガンシュ

庭の配置替えの傍ら、バラの植え替えもかなりすすんで
根のハリなどから育て方の参考や反省になっています。^^
5月の一番花後、水抜け不良からベト病が悪化したグラハムと
同じような育て方をしていたコーネリア。
今年最大の失敗談ですがグラハムの処置後、こちらも急いで
処置しました。
今年6月画像↓
2006.6.5.コーネリア

やっぱり、白根はかび臭く黒ずんで最悪の状態・・・(涙)
その部位は思い切りカットしてメネデールの希釈液を取り替えながら
何度も漬け込み洗いしました。
半年前の冬の植え替えではこんなによい根っこ(↓)
だったのですが、大きく後退です。
2005.冬コーネリア

土の配合は、季節がら水が腐敗することを避けるために
挿し木と同じような感覚で配合してみようと
日向土小粒~中粒単体にしました。
ところが、かなり枝を剪定しても水を含ませると根の部分が軽くて
浮き上がってくるので支えきれる程度の赤玉やガーデン土を入れ、
とにかく根のまわりに、悪玉菌をこれ以上増やさないように乾燥させ、
なお水切れしないように気をつけて様子をみました。
植え付けの初め、鉢全体に一度ダコニールを使ったのですが
薬漬けにしたくなかったので後は育成場所と水遣りで夏を越しました。
葉の茂り具合を見て、安心したところで
秋口にバイオセレクションを少し与えました。
強健種だったお陰で今は健康体~。^^
2006.12.コーネリア
根っこはというと・・・
2006.12.コーネリアの根


そしてもうひとつ。今年1月のブログでも書きましたが
冬の植え替えで初めてガンシュに出会ってしまった
ERのチャールズレニー。
植え替えは特別扱いでガンシュが出るもの、と
予想しながら作業したところ
鉢全体に見事に回った根は健康そうで
半分カットしてもガンシュらしきものはなく
一番怪しそうな株の真下あたりをつつき回しても見当たらず
まるで狐につままれたような気分です。^^:
2006.12.チャールズレニー。根っこ

12月9日追記
昨夜ふと思い出したことがあります。
バラたちが水分を欲しがる時期に、毎回ではないけど
チャールズレニーにはキトサン液の希釈したものを
水遣りついでに与えていました。
これがよかったのかな?^^

スポンサーサイト

バラ日記(バラの病害虫) | trackback(0) | comment(6) |


<<デコボコ道 | TOP | 只今工事中~。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

Anneさん、こんにちは(*^^*)
”消えたガンシュ”というとても興味深いタイトルに吸い寄せられてやってきました☆
どうして消えたのでしょ~?
Anneさん、どんな魔法を使ったの~?
ぜひぜひ教えて下さい!
実は、うちも初のガンシュに出会ってしまったのです(_ _;

2006/12/07 13:05 | アンジェラ [ 編集 ]


 

アンジェラさん、こんばんは~。^^
え~っと魔法の呪文はね~って、
何か決定打があったら意気揚々とお話できるんですけどね。
振り返ってみても大して特別なことをした覚えがなくて
過去のブログで、どんなことしたか再確認してるところです。(爆)

ガンシュの大本の細胞を偶然うまく切り取れたので
再発を免れた?
その後のバラ栽培がベトや腐敗菌予防中心だったことが
結果、ガンシュにも効果があった?
いろいろ検討してみたけどたまたま今年は
でない年だったのかも~。あはは^^

2006/12/07 20:17 | Anne [ 編集 ]


 

わたしもタイトルに惹かれるようにしておじゃましました。
こんばんは。お久しぶりです。忙しくてどなたのブログへもおじゃましていませんでした。
マッキントッシュのようなメアリイ・ローズの子どもたちは、だいたいにおいてガン腫病への抵抗力は強いようです。わたしの経験からも、最初の予防措置をするだけで発病することは稀です。いずれにしても今後も再発しない可能性は高いでしょう。断言はできませんが……

今年は、Anneさんやミィさんたちとお知り合いになれてたいへん楽しく過ごさせていただきました。これからもときどきおじゃましますので、どうぞよろしくお願いします。

2006/12/10 19:32 | ナポレオン [ 編集 ]


 

こんばんは^^
植え替え、Anneさんも頑張っていますね~
ガンシュ見つけた時は落ち込みますが
消えてくれるとホッとしますよね・・
ガンシュがあったことを忘れてしまうくらい
元気に復活するバラもあったり・・^^゛
とりあえず見つけた時は患部をきっちり排除して
きっちり木酢で根洗いしてマス^^

2006/12/10 22:17 | ひなこ [ 編集 ]


 

ナポレオンさん、こんばんは~。^^
お元気でしたか?
ご多忙な中、コメントをありがとうございます。

このチャールズレニーは昨年、コガネ虫の幼虫にかじられ
そこからどうも発症したようなコブでした。
この血筋はもともとガンシュに抵抗力があるんですか?
知りませんでした。
こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いします~♪

2006/12/10 23:23 | Anne [ 編集 ]


 

ひなこさん、こんばんは~。
ひなこさんもスタンバイされてる?^^
植え替えもですが、庭のあちこちの穴掘り作業も
あって毎日泥だらけです。^^:

ガンシュ、初めて見たときはこれはもしや、あの・・・
って感じでした。(苦笑)
ひなこさんも木酢液を患部にされてるんですね。
ワタシは冬場は硫黄合剤を希釈潅水した記憶があるので
今年も念のためにやっておこうと思ってます。
まだまだ続くバラたちのお世話、頑張りましょうね~♪

2006/12/10 23:30 | Anne [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://annesgarden.blog12.fc2.com/tb.php/98-9891b492

| TOP |

プロフィール

Anne

  • Author:Anne
  • 何でも試してみたい私。
    趣味はいろいろやったけど
    一番長く続いていること、それはガーデニングです

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。