--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/07/16 (Sun) 梅雨明け間近

こちらはきょうもうだるような暑さで突然夕立も降っています。
5月下旬からベト病が悪化しこのまま梅雨入りではどうなるかと
冷や冷やしていましたがどうにか乗り切れそうなグラハムトーマスです。
06年7月15日グラハムトーマス


7月に入ってからボツボツまとめたベト病対策私流話を
先ほどHPに更新してみました。
こちらからどうぞ
PCを触ってるとますます暑さが増していくような気が^^:
お見苦しいところはどうぞお許しくださいませ~。

そのほか、病気が移り調子の悪くなったバラたちも
元気復活し始めています。^^
この子はラ フランス
06.7.ラ フランス

摘蕾で夏を乗り切って秋バラに出会いたいです。

スポンサーサイト

バラ日記(バラの病害虫) | trackback(0) | comment(12) |


<<初心に戻って | TOP | 夏に咲くバラは・・・>>

comment











管理人のみ閲覧OK


おつかれさま~ 

Anneさん、こんばんは!
「長雨時のバラ病気予防」読みました!
力作ですね!わーすごい!
ベト病ってどんなものなのか知りませんでしたが、
そういえばこれまで黒点病だと思っていた中にベト病もいっぱいあったのかも。なるほど~ベト病ってそういうことんなんですね。

「ポイントは風と光!」ということ、納得です!
大切なのをわかっていても何年も育てているうちにすっかり忘れちゃうんですよね。
去年あたりから鉢をこまめに場所替えしてどれにも日光があたるよう意識するようになりました。
鉢をこんなにふやさなければ何もしなくてもいいのにねーと思いながら~~;

「植物は環境を記憶する。だから忙しいときにあわせた世話を続けたほうがいい。」
あっこれ、同じようなこと聞いたことあります!
少ないお世話(たとえば水やり)でも植物がそれに合わせて慣れてくれるそうです。
明日あたりバラの葉がどんなになってるか見てみることにします~
今うちの庭のバラは他の草花に埋もれちゃってちょっとマズイ状態です・・

2006/07/17 19:50 | plum [ 編集 ]


 

Anneさん、こんばんは。
ベト病対策のページ、拝見しました。
分かりやすくてとても参考になりました。ありがとう~♪
うちの辺りは霧が多くて、ベト病も他人事ではありません。
わたしのバラにも要注意な様子のものがあります。
しっかり観察して対策しなくっちゃ。

Anneさんのバラたちは愛情をかけてもらって幸せね♪
きっと秋バラは素敵に咲いてくれるわ^^

わたしのサイトにリンクを貼らせて頂いてもいいですか?
バナーをいただいてまいります~^^

2006/07/17 22:00 | ミィ [ 編集 ]


ありがとう~^^ 

plumさん、こんばんは♪
もうちょっとPC上手なら美しくページをまとめることも
できるのに、ご近所ならplumさんに教えてコールですヨ。^^

黒点とベト、うんうん、ホント昨秋までは私も気づいていなかったかも~
>何年も育てているうちにすっかり忘れちゃうんですよね~
ホントに健康体に見えはじめるとすぐ安心しちゃうんです。あはは
今はせめて雨が降った後は総点検するようにしてるの。
雨でぬれた葉っぱがすっきり乾くか見たりしています。
きょうは庭のパトロールでゴマダ○カミキリ発見~!
ムシにはかなりの免疫力がついたけどこのムシだけは怖い^^:
ゴキ○リも大嫌いで怖いんですよ(苦笑)

水遣りも庭木や地植えのバラにはしていないのでとってもラクチン♪
鉢植えは私ももう増やせないです~~
地植えできる場所が広がるなら別だけど(爆)
特に夏は2、3日で大きくなる草花もあるので気がぬけないですね。
うちもミント類が雑草化しています~
雑草なしで整然としたお庭、は理想だけど
やっぱり私は落ち着かないと思うんです。^^:

2006/07/17 23:47 | Anne [ 編集 ]


 

ミィさん、こんばんは♪
そちらは霧が多いのですね。
うちも晩秋に何度が発生します。
ミィさんは広いお庭だからバラのベストゾーンがいっぱいありそうですね。
うちは選択肢が少ないので避けていた駐車場が養生場所になり
やってみると以外にバラたちに向いていたことがわかりました。

秋バラは春バラとは違った趣がとっても好きなんですよ~。^^
リンクのお申し出、どうもありがとうございます!(喜)
こちらも相互にさせていただきますね♪

2006/07/17 23:55 | Anne [ 編集 ]


 

Anneさん、こんばんは。
ベト病は昼と夜の気温差が激しいのと、
霧が重なるとかなり発生しやすくなるそうですが、
うちの辺りはまさにそれです(^^;)
このところ雨じゃない日は必ず霧が出てます。
バラにはちょっと可哀想な地域みたい。

秋バラのしっとりとした趣は本当に素敵ですもんね♪
わたしも秋バラが大好きです^^
相互リンクして頂けるなんて嬉しいです!ありがとう♪
さっそくリンクさせて頂きました。
もしもコメント等に不都合がありましたら教えて下さいね。
これからもよろしくお願いします~。

2006/07/18 18:57 | ミィ [ 編集 ]


 

ミィさん、こんばんは!
そうなんですか、そちらは霧が発生しやすいんですね。
たとえば壁などあり空気の流れが止まる庭の端っこなどには
注意したほうがよいみたいです。
バラが苦労なく育つ地域だと随分ラクでうらやましいですね。
でも秋バラに出会うべく、お世話してあげましょうね♪

リンクの件、こちらも先ほど完了です。^^
ご確認くださいね。

2006/07/18 22:31 | Anne [ 編集 ]


すごく勉強になります! 

Anneさん、お久しぶりです
とはいってもいつもロムしてるんですけどね^^

今回のべと病のお話はわたしの知りたいことがいっぱい載っていて
とても勉強になりました
うちでも昨年秋にグラハムが発病して以来、色々なバラに感染、、
この高温多湿の環境はべと病には最適なんですねぇ・・(しくしく

と、嘆いてばかりもいられないので
これからまた鉢を移動させたり対策をとりたいと思います
わたしは水やり過剰派だから今年はぐっと控えめにしているんだけど
今日は調子の悪いファイルヘンブラウをひっくり返してみて
土がカラカラなのに驚きました
水が鉢の縁を通り抜けて、土の中までしみてなかったみたい
わたしの場合は「水やり3年」どころか10年くらいかかりそうよ~~^^;;

2006/07/19 14:18 | kimi [ 編集 ]


ありがとう~! 

kimiさん、こんばんは~♪
今朝こちらは豪雨でしたがkimiさんちのほうは大丈夫ですか?
ロムはお互い様ですね~。^^
カキコもパワーが入りますよね。コメント残してくれてありがとう~。

いっそ30度超える高温期ならまだしも
今朝は肌寒い程度だったのでまたベトがぁ・・・と心配。
バラの葉上で起こる菌の世界もまるで土の世界と同じに思えてきました。

水遣りも極めるには難しいです~。
私は水遣り回数少なすぎて
ミミエデンは水切れで下葉が黄色く落葉しました。^^:
バラ大先輩の方がたのお話聞いてると水遣りがすごく丁寧で
時間もたっぷりかけていらっしゃるようです。
与えるなら徹底的に前に残った水や悪玉菌を出し切る、と頭ではわかっていても
忙しい朝に適当に済ませたりしてます。(反省)

グラハムのベトがオソロは返上して
ベト病復活でオソロを目指せたらうれしいですね♪♪
また追記できることがあればページに加えたりしていきますね~^^

2006/07/19 23:32 | Anne [ 編集 ]


 

お話中、ごめんなさい。
「オソロ」って何ですか?

2006/07/20 12:11 | ナポレオン [ 編集 ]


 

ナポレオンさん、こんばんは~
オソロとはおそろいの略なのです。
通常は物(たとえばバラの品種)がおそろいという意味です。^^:

2006/07/20 23:09 | Anne [ 編集 ]


 

ナルホド。

2006/07/21 11:47 | ナポレオン [ 編集 ]


 

あはは~
失礼しましたぁ^^

2006/07/21 23:41 | Anne [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://annesgarden.blog12.fc2.com/tb.php/77-de16b927

| TOP |

プロフィール

Anne

  • Author:Anne
  • 何でも試してみたい私。
    趣味はいろいろやったけど
    一番長く続いていること、それはガーデニングです

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。