--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/01/21 (Sat) 発見しました

2005.夏

チャールズレニーマッキントッシュの植え替え時にみつけました
根っこ部分にあるコブ  これってもしやガンシュ・・・
コブは取り、根洗いした後で木酢液を希釈したバケツに入れました。
後日、ノートを読み冬にガンシュを見つけたときは
硫黄合剤がよいとあったのでそちらの希釈液を冠水
冬は代謝が悪いのでそれぞれ季節に合わせて使い分けるといいんですね
ガンシュの菌は嫌気性といわれているので
空気どうりをよくすることに努めて
見守ることにします
コブができるきっかけはストレス、極端な環境差
いろいろあるそうですが今回のチャールズレニーはコガネ虫の幼虫に
食いちぎられた根っこ部分にコブができていました

ガンシュ

夏の剪定ときにコガネの幼虫にやられたアンブリッジローズは
今は鉢全体に白根が張り巡らされて安心していたけど
根洗いしていないのでちょっと心配^^;

スポンサーサイト

バラ日記(バラの病害虫) | trackback(1) | comment(2) |


<<種まき物語 (2) | TOP | 待ちわびる季節>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

Anneさん、こんにちは(^‐^)
コガネムシの幼虫にやられた所にできていたの(◎o◎)
うちもね、昨日フラウカールドルシュキを植え替えしていて癌種を発見したんです(T-T)
やっぱり、コガネムシの幼虫の被害に遭っていた子でした。
癌種かどうかよくわからなくてとりあえずそのまま植え替え済ませたんだけどどうも癌種らしくて・・・。
もう一度植え替えしなおそうと思ってます。
石灰硫黄合剤に浸けるといいのね。
やってみます。

そうそう。。。
この記事、トラックバックさせてくださいね。

それから、セミナーのことお気遣い下さってありがとう(*^_^*)
お会いするのは、春までおあずけで楽しみにしてます(o^v^o)

2006/02/03 14:51 | アンジェラ [ 編集 ]


 

アンジェラさん、こんにちは~♪
コガネ虫の被害、他のバラ友の皆さんも
昨年は結構沢山あわれてるの
かじられた根っこの切り口はどうしても治癒しにくいからガンシュができていくとか・・
牛糞とかワラ堆肥とかふかふか土も予防になるそうだけど多肥はガンシュを肥大させるらしくてこのあたり
難しいよね
あと善玉菌に活躍してもらうという手もあるらしくワタシも春先からはここに期待です^^

トラックバックってワタシはしたことなくって^^:
アンジェラさんは極めてるね~♪
これでいいのかなぁ?
またネットのあれこれ教えてくださいね~!

2006/02/03 16:24 | Anne [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://annesgarden.blog12.fc2.com/tb.php/34-b9e49731

薔薇の植え替え&誘引
今日は久々に雨が上がったのでまだ残っている薔薇の植え替えをしました。左の写真は、フラウカールドルシュキです。挿し木苗を頂いたのですがすごく大きくなって一番太い枝の太い //薔薇に恋して~Blog~ 2006/02/03 14:53

| TOP |

プロフィール

  • Author:Anne
  • 何でも試してみたい私。
    趣味はいろいろやったけど
    一番長く続いていること、それはガーデニングです

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。